その子の可能性を信じる存在でありたい

実川ブログ

僕は高校生の生徒にも運動指導を今年の1月までしていました。

生徒の中で「自分はなんの取り柄もないと自分に自信をなくしている生徒に多く出会いました。

その子達の特徴は自分の可能性を認めたり、信じたりしてくれる存在がいないということです。

そんな子達と出会い、僕は例えその子の周りに信じてくれる人がいなくても、僕だけは信じる存在であろうと!

トモスポの先生達は、その子の可能性を信じる存在です!

例え、学校や幼稚園で認めてくれなくても、トモスポに来れば認め、信じます!

可能性のない子なんていません。

もし、いるとしたらその子が出会ってきた誰かに可能性の蓋をされてしまったんだと思います。

うちの子って、将来可能性があるかな?

と迷っていたら、ぜひトモスポに起こし下さい!

きっとお子様の心の明かりが灯されるはずです!