TOMOSPO

ブログ

関東屈指の難易度!開智小学校、開智望小学校の受験対策について解説します!

小学受験運動対策 2020.11.16
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

こんにちはトモスポ実川です。
私は今までに多くの開智小学校・開智望小学校に行った受験生を運動をメインにサポートしてきました。

その指導の中で感じた、試験をうける上で大事なポイントを今回は「運動」、「自己発信」、「行動観察」という3つの試験種目をさらいながら、特に「運動」と「行動観察」を重点的に説明していきます。

実川は何者なのか?という部分について簡単に説明します。

実川の受験指導の実績

私は今まで13年間ほど受験というものに特に運動のサポートという形で携わってきました。

その中でも開智にいくお子様をたくさん指導させていただきました。

▼開智合格者一覧▼
2021年 合格者
開智学園総合部16名 開智望小学校 19名
2020年 合格者
開智学園総合部19名 開智望小学校 15名
2019年度 合格者
開智学園総合部 24名 開智望小学校  6名
2018年度 合格者
開智学園総合部 19名 開智望小学校 14名
2017年度 合格者
開智学園総合部 15名 開智望小学校 8名
2016年度 合格者
開智学園総合部 14名 開智望小学校 12名
2015年度 合格者
開智学園総合部 19名 開智望小学校 5名

たくさんのお子様を指導してきた中で気づいた部分を説明していきます。

開智小学校と他校の大きな試験内容の違い

開智小学校と他校の試験では大きく異なるポイントとしては2点あると思います。

・自己発信
・運動試験の内容

この開智の試験でも特徴的な2つを説明します。

ポイント①自己発信

自己発信は他校ではあまりみられない試験内容です。

ここでのポイントは、保護者の方が入れ知恵した内容ではなく、

「子ども本人が本当にやりたい!」

「いつも夢中にやっている」

そんな内容を尊重してやることがオススメです。

なぜ、保護者の入れ知恵はオススメしない?

それは子ども自ら発信していないのが一目瞭然だからです。

親目線で試験の時に何かインパクとのある内容にしよう!と思う気持ちはわかります。

ただ、子どもが全く楽しそうにやっていない。

やらされている感がとても強いので、これでは自己発信ではく他者発信になってしまいます。

子どもがいつも夢中になっている内容で構成してあげましょう!

 

ポイント②開智小学校の運動試験の内容はどこが違う?

他校とは運動試験が異なる部分は大きく3つあります。

①出題種目の難易度が高い
②運動動作の種目が幅広い
③多要素の能力が必要

この3つについて解説していきます。

①出題種目の難易度が高い

開智小学校の運動種目は私が指導してきた東京、埼玉、千葉、茨城の中でも一番難しく、常に斜め上をいくような種目が出題されています。

例えば、「坂登り前転」といった多くの受験校では絶対に出題されないような内容が出ています。

②運動動作の種目が幅広い

2つ目は運動種目の幅の広さです。

多くの学校のように、スキップ、平均台、ケンパーのように簡単な運動能力だけでは対応できない、種目も出題されています。

なので下記のような多くの運動要素を鍛えておく必要があります。

・バランス
・ジャンプ
・リズム
・敏捷性
・巧緻性<体をコントロールする力>
・体を支える力

上記の内容についてどういう動作があるのかいくつか参考に記しておきます。

・バランス(平均台)
・ジャンプ(連続ジャンプ)
・リズム(ケンパー)
・敏捷性(反復横跳び)
・巧緻性(マット運動)
・体を支える力(クマ歩き)
詳しい運動内容はトモスポでも練習している「運動種目一覧表」を参考にしてください!

 ▼運動種目一覧表▼

③多要素の能力が必要

3つ目は運動能力以外の力も必要になる。という部分について説明していきます。

どういうことか?

冒頭でもお話したように開智小学校は常に「斜め上」をいく内容が出題されます。

なので、運動も単純に「平均台を歩く」ではなく
「平均台の上をクマ歩き」
「平均台の上をボールを持って歩く」
など複数の運動要素が混じり合って出題されます。

そうなると単に運動ができるだけでは対応ができない可能性もあります。

それは「判断力」など様々な力が必要になります。

このように、試験までに様々な要素を兼ね備えておく必要があることがわかると思います。

③試験での最大ポイント行動観察

最後に伝えておくべきは「行動観察」です。

実は試験において最も重要な力なのではないかと私は近年強く感じています。

そもそも行動観察って何?

すごく簡単に言うと行動観察は集団(グループ)になって活動する様子を見ることです。

どんなことをやるのか?

・グループで積み木を高く積む
・大きな紙を使って乗り物を制作する
・物を運んでリレーする

などと様々な内容があります。

行動観察ってどんなところをみているの?

行動観察では下記のようなポイントで見られています。

・活動への積極性
・コミュニケーション(気持ちを伝える・汲み取る)
・指示理解(ルールを理解)
・協調性
・創造力
・判断力

などと様々な観点から見られています。

上記での観点について説明とどんなことをやると対策できるのかを説明していきます。

①活動への積極性
言葉の通り活動に対して自ら取り組めているか?
やはり集団が苦手な子はどうしても、積極的に取り組むのが慣れないと難しいので集団に慣れておくのがいいですね。

②コミュニケーション(気持ちを伝える・汲み取る)
この2番目がとても重要だと思います。
まずは自分はどのように取り組みたいと考えているのか?などと気持ちを示す(発信力)
そして、自分の気持ちだけではなく、友達は何をしたいのか?という相手の気持ちを観察して汲み取る力。
この2つの要素がとても重要になっています。

トモスポの定期クラスでも力を入れているコミュニケーション。
これはすぐに獲得できる物ではありません。
自宅や幼稚園など様々なコミュニティで多くの人と関わり合いながら育ていくのが理想的です。

関わりの中で、相手の人は「どう思っていたかな?」と何度も考えて練習していくと変化していきます。

③指示理解(ルールを理解)
3つ目は1番の基本「説明理解」つまりしっかりと話を聞けていたか?
ここがとても能力が高いのにできないお子さんがたくさんいます。

この聞く力もただ「ちゃんと聞きなさい!」と声かけをしても、子ども自身は聞く姿勢ができるようにはなりません。
なぜ聞くのか?
聞くことで相手はどんな気持ちになるのか?
どういう風に聞くと、説明が頭に入って来るのか?

このように聞くという要素をしっかりとわけて練習をしていかないと変化はしません。

④協調性
4つ目は協調性、これは友達と上手く調和する力です。

上手く自分の気持ちのチャンネルと友達のチャンネルを合わせることができるかです。
お互いの違いを上手くすり合わせ練習を集団のなかで行うと、その力がついていきます。

⑤創造力
創造力は活動の中でのアイデア(企画力)(提案力)ですね!

例えば、積み木を高く積みましょうと言われて、「大きい積み木をまずはいっぱい下に置こう」という考えが生まれるか?
そういった部分が見られています。
これは正解ばかりを追い求めるのではなく、思いついたことを肯定していくことでたくさん生まれるようになります。
家庭の遊びの中から、正解ばかりを求めないアイデアを肯定していくとこの力が身につきます。

⑥判断力
最後は判断です。
今は自分は何をすべきなのか?自分で状況を捉える力と言ってもいいと思います。
この力は全ての試験でも重要になります。
運動で上手くいかない種目があって、その「次の種目はどのように取り組めばいいのか?」
と考えるのも1つの判断です。

この判断力は自ら決断する場面をたくさん作ることで成長します。
なので保護者のサポートがなく、自分で次はどうする?
そんな機会を作ってあげると少しずつ変化していきます。

行動観察がなぜ大事なの?

行動観察は人と関わっていく上の基本要素です。
人として多くの人と関わっていく上で大切な部分を見られてると言ってもいいと思います。

これは受験だけでなく、これからの未来、社会に出たときにも大切な力だと思います。
例えば「コミュニケーションの能力」
コミュニケーションの能力は上記でも説明している通り大きく2つに分けることができます。

・相手に自分の気持ちを伝える
・相手も気持ちを汲み取る

これは人と付き合っていく上でも大切な力ですね。

どれだけペーパーや運動ができても、行動観察で友達の気持ちを汲み取ったりする優しさがなければ、その学校にいくことはできません。

行動観察は練習すればすぐにできるようになるわけではありません。

やはり何度も経験を積まないと変化が出てきません。

なのでトモスポの運動・行動観察専門クラスでも時間をかけて繰り返し指導しています。

繰り返し、その場を経験することで、
「相手の話をしっかり聞く」
「相手の気持ちを汲み取る」
「自分の気持ちを伝える」
と1つずつ学んでいきます。

なので、焦らずじっくりと受験の合格だけでなく、将来の人生に向けて覚えていって欲しいです!

トモスポでも、運動と行動観察を練習していますので、ぜひ練習の参加して合格・そして未来に向けた素敵な力を身に付けてください!

 ▼受験運動・行動観察クラスの詳細はこちら▼

▼受験に関する情報が毎週木曜日に受け取れる受験専用LINEはこちらから
*相談・お問い合わせも受け付けています。
友だち追加

最近の記事

カテゴリ

アーカイブ

PAGETOP