なぜトモスポはレッスン中生徒との会話が多いのか?

トモスポとは

トモスポでは、レッスン中、先生と生徒の会話がとても多いです。

なぜかという2つ理由がございます。

1.マンツーマンレッスン

トモスポではマンツーマンでの指導が多く、集団レッスンとは異なり他の生徒を気にすることなく1人だけの生徒と向き合えるため、会話の量と深さを確保することができます。

また、会話を通して、お子様が感じている課題や悩みを会話の中から発見することができる。

2.課題を克服するための方法を話し合う

練習をしていく中で、お子様の中で課題というものが出てきます。

課題を克服するためにはどうすればいいかというのをまず、先生が答えを出すのではなく生徒自身でその解決の答えを導き出すようにしてもらいます。

答えを出すために、生徒の思っていることを聞きだしたり、先生が生徒に様々なヒントや提案を出し、それに対してどう考えるかと課題の克服に向けて話すため、会話の量が多くなります。

このようにトモスポでは生徒との会話が集団レッスンに比べて圧倒的に多いおかげで、信頼関係が築きやすく、課題の克服に生徒と先生が一体となり取り組めるため上達がしやすい。