運動が苦手な子供を好きに変える3つの方法

教育

「うちの子はなんでこんなに運動ができないの?」「うちの子は運動が苦手だから、できなくてもしょうがないから」
と思っているお母さん、もしかして「運動ができない!」ではなくて、
「運動ができるようになる練習や、遊びを知らなかっただけかもしれないですよ」

「運動が苦手」と感じているお子様に運動が楽しく取り組めるようになる3つの方法をお伝えします。

1.遊びの要素を含んだ動きを取り入れる

実際にあったケースは小学校に入学していきなり鉄棒をやって、「全然できなかった」「鉄棒つまらない」と感じてしまうお子様がいました。

鉄棒では、「体を支える」「体を引きつける」という動きの要素があります。

この2つの要素を遊びながら、鍛えてあげるのです。

例えば、「体を支える」ではアザラシの姿勢で歩く、アザラシの姿勢でじゃんけんをするなど、レクレーションを含んだ練習をたくさん取り入れ、その練習をやっていた延長で「鉄棒ができるようになった!」と進めてあげることが重要。

参考写真:アザラシのポーズ

 

 

2.小さな成功を積み重ねる

例えば、「跳び箱を跳べるようにしたい」と思っているお子様がいたとしたら、何回もただ跳んでいるだけでは上達しませんので、まずは「跳び箱に乗れるようにする」、次は「跳び箱の奥の方に乗れるようにする」

というように少しずつ、ステップをあげて小さな成長を自分で感じれるようにします。

必ず練習をしていくなかで、以前できていなかったが、できるようになっている部分を褒めてあげると、より達成感を感じることができます。

 

3.レベルに合わせて進める

先ほどの2で説明したように、小さな成功を感じてもらうにはお子様のレベルを見分けて、その動きを段階的に進めていくことが鍵になります。

例えば、トモスポではスキップができないお子様を指導する際にいくつかのステップに分けて練習します。

こちらがスキップのステップごとに分けた練習方法になります。こちらをクリックhttps://tomospo.com/skip-7step

必ず、1つの動きには、いくつかの動きの要素が連動しています。

その動きを分解して1つ1つの要素の質を上げてあげると運動は上達します!

このように3つのポイントを抑えてお子様と運動をすることで運動のイメージはプラスになっていきます。

この記事を読んで、「うちの子のレベルはどのくらい?」「どのように練習は進めていけばいいの?」

と思った方はぜひ、体験をレッスンを受けて、今後の進め方をご相談させていただくのが上達への近道です!

>>>体験レッスンの申し込み、ご質問はこちらから