小学校受験の運動で使用するボールはこれ1つで十分!!

小学受験運動対策

 

こんにちは!トモスポ実川です!

小学校受験を控えているご家庭で、これからボールの練習をしよう!

と思っている中で、どのボールを使えばいいのかな?

と感じているご家庭もあると思います!

そこで10年以上小学校受験の運動対策を指導してきた私、実川が受験を控えているご家庭にオススメのボールを紹介したいと思います。

 

このボール1つだけあれば大丈夫【オススメのボール】

まずご家庭で練習をするなら、この1つあれば十分です!

こちらのボールが1つあれば、ドリブル、ボール投げ、キャッチの練習を網羅することができます。

ソフトドッジボールの2号級で練習をしてください!
 
このボールは少し軽めにできているので、はじめてドリブルやキャッチの練習をする子にも重すぎず最適です。
 
 
もちろん塾によっては通常のドッジボールの2号級または少しサイズの小さい1号級を使用して練習することもあります。
 
まずはソフトドッジボールの2号級でしっかりとドリブルやキャッチができるようになれば、少し大きさが変わったとしても全然対応できます。
 
早速購入をして練習をしてみましょう!
 
 

学校によってはボールが違う!?

小学校受験の運動もボール種目に関しては学校によっては、バレーボールを使用する学校もありますので、しっかりと説明会や在学生に聞いてあらかじめどのボールを使用するのかチェックしておきましょう!!

 

バレーボールはドッジボールと比較すると弾みが少し弱く、手触りも滑りやすいので、しっかりと練習して感覚を身につけましょう!

ボールを怖がっている?

私が最初におすすめしたドッジボール軽量の2号級で購入してみたけど、まだ怖がっている!?

という様子が見えたら少しボールを柔らかいものから、練習をしていくのが理想的です。

 

ではどんなボールがいいのかというと、こちらです!↓

こちらのボールはスポンジ素材でできているので、顔に当たっても、痛くないので安心して子供も練習できます。
 
またビーチボールとは異なり、程よい重さで滑らずに投げれるのがおすすめのポイントです。
 
 
ボールではダメなんです!?
 
本当にボール自体に怖さや反応ができていなければ、風船を使って練習をしましょう。
 
風船であれば動きもゆっくりですので、すぐに反応をしなくてもキャッチできます。

 

小さいボールの練習も忘れずに!

ドリブルや投げてキャッチを練習したら、的当てや遠投が過去に出題されている学校は小さいボールでも合わせて練習をしておきましょう!

 

ボールはカラーボールでまずは練習してみましょう!

 

小さいボールでは、大きいボールと少し腕の振り方やボールの持ち方(握り方)が異なります。

両方わせて練習することで相乗効果も出ますので、小さいボールでまずはキャッチボールや的当ての練習をしましょう!

 

ボールプールなどで使用しているカラーボールは軽すぎてしまいコントーロールを身につけるのが難しい可能性があります。

ゴム製のカラーボールがない場合は、テニスボールを使用して練習しましょう!

 

まとめ

本日は小学校受験の運動試験に合わせてどのようなボールを使うことがおすすめなのか説明をさせていただきました。

運動はポイントを抑えながら行うことで、飛躍的に上達をします。

まずはボールを購入したら、簡単な基本種目の練習をしましょう!

 

運動や小学校受験がわからないことがありましたらトモスポLINE@より気軽にご相談ください!

受験の運動試験で不安を抱えている方は小学校受験運動専門クラスの体験レッスンを受講してみてください!