「できない」はいけないことではない

教育

レッスン終了後、保護者の方に「◯◯◯」ができていなかったので、自宅で「◯◯◯」の練習をしておいてくださいと伝えると、すぐれない顔色を見せる保護者の方がいます。

できない」ということが、保護者の方にとって、いけないことというネガティブな認識になってしまっていることが多くあります。

できない」ということは決してマイナスなことではありません。

大切なことは「できない」を「できる」にするプロセスがお子様の将来の価値になります。

できなかったことができるようになることで、自信がつき、また次に挑戦しようとする心が芽生えてきます。

では、「できない」が全て「できる」になるのか?

それは全てではありません。

しかし「できる」に向って試行錯誤した、経験思考発想が次の「できる」へと繋がっていくのです。

ですので、保護者の方は「できない」は次への可能性と捉えて、焦らず、お子様の挑戦する姿を見守り、サポートしていくことが大切です。