運動が上達しない原因は練習を進める〇〇にあった?

練習方法

こんにちはトモスポ実川です!

運動を練習しているのに「全く上達しないのはなぜ?」

と思ったことはないですか?

 

もう、うちの子は運動を諦めた方がいいの?

だけど、どうにかしてあげたい。

 

もしかすると、運動が上達していない原因は練習の進める順番に原因があるかもしれません。

 

運動を上達させるためには、練習を進めていく上で、必ず押さえなくてはいけない部分があります。

 

その大事な部分を伝えながら、上達するための練習ステップを説明していきます。

 

 

その動作の元(基礎)になる動作は何か?

まずは運動の練習を効率よく上達させるために、気をつけるポイントは2つ

 

①動作の元(基礎)になる動作は何か?

 

②動作の元(基礎)になる動作はできているか?

 

例えば、スキップをできるようにさせたいと思っている。お母さんがいる。

 

上達をするために、お母さんが必死にスキップの見本を見せて、

 

「ママみたいにやってみな!」とやらせるが、なんだか子どもは上手くできない。

 

Aママ
伝え方がいけないのかな?

という指導の仕方の部分も、もちろんあるかもしれない。

 

ただ今回は練習の進める順番に着目して考えると、

いきなりスキップをやらせてしまっている、ところに原因がある。

 

スキップの動作の基礎(基本)となる動きは片足立ちです。

 

この基本となる動作ができていないと、実際のスキップの動作には移行することが難しいです。

 

基本となる動作は何かをまずは考えてやってみましょう!

 

 

動作を部分ごとに分けて練習する

 

基礎の部分ができるようになったら、次はスキップの動作を部分ごとに分けて、練習をします。

 

運動を上達させる練習方法は、車の修理と同じです。

 

1つずつの動作を1度分解して練習します。

 

スキップであればこのように5つの部品に分解できます。

 

①片足立ち

 

②その場ケンケン

 

③左右2回ずつその場ケンケン

 

④左右2回ずつケンケンで前進

 

⑤足を前に出してスキップ

 

 

実際にスキップを上達させるためには、このように大きく5つのパーツに分けて練習します。

 

スキップの場合は5つの中のパーツのどれができていないかを確認することが大切です。

 

もし④ができていなかったら、④の部分を改良してあげて、また最後に実際の動作につなげる。

 

 

1個ずつの部品しっかりとつながるとこのように変化します!

動画の男の子の場合は交互に足を出す感覚がわからなかったため④番を強化して行いました。

 

 

そこのパーツを改良したことで、スキップがスムーズにできるようになりました。

 

まとめ

 

必ず運動の動作には、その動きのベース(基礎)となる動きがあります。

 

その基礎を身につけながら、段階的に練習をしなくては動作はなかなか身につきません。

 

まずはその動作の基礎となる部分を見つけましょう!

 

その上で基本を練習してください。

 

もし、「この動きの基礎となる動きはどこなの?」

とわからない場合は1度トモスポのマンツーマンレッスンを受講してみてください!