小学校受験運動試験はコツを知れば安心!【連続両足ジャンプ3つのポイント】

小学受験運動対策
こんにちは!トモスポ実川です。

小学校受験の運動試験でよく出題される「連続ジャンプ

試験では、ゴム段跳びであったり、ミニハードルであったりと様々な形式で出題されています。

 

この連続ジャンプを受験塾などで練習をしているが、

☑︎上手く跳べない

☑︎リズムがおかしい

☑︎足を揃えて跳べていない

 

などと上手くできなくて悩んでいるお子様に向けて3つのポイントで連続ジャンプがキレイに見えて、上達するポイントをまとめました!

この記事を最後まで読んでいただければ、連続ジャンプも上達します!

 

連続ジャンプのポイントは大きく3つです。

  • リズム
  • 姿勢
  • かかとを上げる

 

先程、説明したポイントを1つずつ解説していきます。

小学校受験の連続ジャンプ・ゴム跳びのポイント3つ

⑴かかとを上げる

上手く跳べていないお子様の特徴の1つとして、意識して欲しいのが着地した時の音です。

スムーズに跳べていないお子様の特徴はジャンプの着地の音がドンドンと大きい音がなっているはずです。

 

その理由として足の裏全部が地面にベッタリとついてしまっているのが原因です。

足の裏全部が地面にベッタリついてしまうと、連続して跳ぶ際にすぐにジャンプがしづらくなってしまいます。

 

その点を踏まえて理想的なジャンプの仕方は少しだけかかとを上げてジャンプすることが大切です。

かかとを上げて欲しい時の注意点

かかとを少しだけ上げて欲しい時に、「つま先だけでジャンプしよう!」と伝えてしまうとバレリーナのようにつま先ばかりに意識がいってしまいます。

そうするとかかとが上がりすぎてバランスが取りづらくなってしまいますので、お子様に伝える時は「かかとを少しあげよう!」

の方がイメージしやすいです。

⑵リズムよくジャンプ

2つ目はリズムです。

連続ジャンプの場合、リズムよく跳べていると判断される1つの要素は止まらずに跳べていることです。

どうしても、上手く跳べないお子様は一回づつ止まってしまいます。

そうすると、スムーズには見えなくなってしまいます。

 

まずはゆっくりからでもいいので、止まらずにジャンプできるようにしましょう!

⑶姿勢はまっすぐ

3つ目は姿勢です。

多くの動作に共通して、運動が上手いと判断される人は必ず姿勢が良いです。

この連続ジャンプでも同じです。

背中が猫背になっていたり、背中が反りすぎたりしていてはジャンプがしづらくなってしまいます。

そのため、リズムにも影響が出てしまいます。

 

姿勢はまっすぐのままジャンプすることがスムーズに跳ぶためのコツです。

補足【両足は揃っている?】

ジャンプをする際に両足が揃わず、トントンと片足ずつにジャンプしてしまうお子様がいます。

そうなってしまっているお子様はまずは、1回ずつ止まってしまっても良いので両足を揃えてジャンプする習慣を身につけましょう!

ジグザグジャンプが過去に出題されている、暁星小学校などを志望している方はこちらのジグザグジャンプの記事も参考にしてみてください!

小学校受験のジグザグジャンプが誰よりも正確にできる3つポイント

小学校受験両足ジャンプを上達させる練習方法

⑴その場ジャンプ

その場で安定して連続ジャンプできるようにする事が両足ジャンプが上達する近道です。

練習方法:フラフープの中に入ってはみ出さずに連続ジャンプを10回

⑵リズム作り

リズム感をつけるためには、まずは決まったリズムを知る事が重要です。

音に合わせながらジャンプをして、リズム感をつけていきましょう。

一つの参考として「日野2トン」の歌を利用して練習をするとリズムがつきやすいです。

出典先:Youtube.com

●練習方法

  • トントントントンという音に合わせてフラフープの中でグージャンプ
  • トントントントンという音に合わせて前進ジャンプ

ジャンプを練習するためのグッズは?

ジャンプをするためのフープのオススメは2つです。

⑴数字マット付きサークル

*商品詳細は画像をクリックすると見れます。

ただのサークルだけではなく数字のマットもついているので、次への目的地が数字を見ながらでもできるのがオススメポイントです。

⑵ラバーリング

*商品詳細は画像をクリックすると見れます

リングが薄いので安全に行う事ができます。

ゴム製なので収納もしやすく、持ち運びに便利です。

まとめ

今回は小学校受験で出題される連続ジャンプのポイントと練習方法を紹介しました。

ジャンプを行う上で大切な3つのポイントが上達の鍵になります。

ポイントをおさえながらジャンプの練習をしてみてください。

親の力だけだと限界がある、、、

と感じている場合は

東京、埼玉、千葉、茨城在住の受験予定者が通う、小学校受験運動コースの講座を受講してみてください。