教育者の集い千葉支部勉強会を行いました!【トモスポット】

トモスポット

11月12日に教育者の集い【トモスポット】千葉支部の第1回目の勉強会を行いました!

 

トモスポットとは? 【灯す×スポット(場所)】

 

「子どもたちの未来を明るく灯すリーダーの仲間です!」

 

今回は3名で行いました!

 

勉強内容のテーマ

 

今回は初回でしたので、普段の現場における活動の中での問題点や課題点を中心にあげていただきました!

  1. 学校における課題点
  2. 教育者の課題点

 

課題点

話の中で出た課題の一部を紹介します。

 

  • 子どもに対して悲観的に捉えてしまう
  • 先生自身の自己肯定感が低い
  • 実際の社会に出た時に必要な「生きる力」を教えられない
  • 教育者、保護者、子どもの関係性のパワーバランス

 

などたくさんのテーマの課題を出していただきました!

その中でも今回は【どのようにしていけば自己肯定感が育つのか?】

というテーマを中心に話し合いを進めていきました。

 

 

【自己肯定感のメリット】

  • 諦めない心
  • 挑戦する意欲
  • 他者に流されにくい など

 

 

【自己肯定感がないことでのデメリット】

  • 自己開示しにくい
  • 自分に自信が持てない
  • 失敗を恐る  など

 

このように自己肯定感があることは大切なのはわかったが、

どのようにしていけば自己肯定感が育つかを考えてみました。

 

大きく4つのステップを踏むことで自己肯定感は高まっていくのではないかと意見が出ました。

 

 

 

自己肯定感が育つプロセス
  1. 認めてもらう
  2. 自分の存在を認める
  3. 自分で自分を褒める
  4. 他者を認める・褒める

 

 

【結論】

 

子どもを褒めるのはもちろん!

保護者・同僚の先生の自己肯定感を高めていくことから始める!

 

今から私たちができるアクション(行動)

改善のための行動として、褒め活キャンペーン!を行います!

 

今ある、自分の現場における同僚・保護者を褒めていく活動をより促進していきます!

 

褒めレベルを大きく5つに分けてみました!

 

Lv1 現状を褒める

Lv2 外見を褒める

Lv3 行動を褒める

Lv4 成長・変化を褒める

Lv5 弱点を褒める

 

 

 

まずは自らがポジティブに相手のいいところを見つける!

 

そしてそのポジティブな空気感を自分の活動の場で広げていくことが大切!

 

この空気感が広まることで、子ども、そして同僚に対して否定的・悲観的に見ていたメガネを外し

肯定的なメガネをかけれるようにしていく習慣がつく。

 

 

 

この肯定的な目線を持つことで以下のような流れを作っていきたい!

 

 

 

①子どもの良さをたくさん見つけ・認めてもらうことで自己肯定感が高まる。

②挑戦する

③成長する(新たな自分の可能性を引き出していけるようになる)

④成長することで自己肯定感がさらに高まる

 

 

 

 

このスパイラルを作り・多くの子どもの心を明るくして幸せな社会を築いていけるようにしていきたいです!

 

 

千葉支部の次回勉強会は1月に開催予定です!

 

 

今回参加してくれた、平田先生、川口先生が千葉支部の代表になります!!

 

12月は1日に東京支部を行います!

興味のある方はぜひコメントやメッセージをください!

 

こちらから実川にメッセージできます↓